白と黒を着こなすコツ

白と黒を着こなすコツは、小物やアクセサリーがポイント!

白と黒のファッションは「モノトーン」の組み合わせの一つであり、 都会的なイメージに仕上げてくれます。 また、この組み合わせはどんなシーンでも対応できるため、 多くの方に支持されています。

とても無難なファッションではありますが、 小物やインナーに気を付けないと単調過ぎる仕上がりになったり、 顔色が悪く見えるといった欠点があります。 目の下の隈が目立つため、場合によっては退廃的なイメージになってしまう事もあります。

組み合わせる小物としては、ストールやマフラー、 アスコットスカーフといった首周りを演出するものがいいと思います。 モノトーンではないものを選ぶことで、顔色を明るくし、単調な色味を和らげます。

アクセサリーにゴールドやシルバーを選ぶ時にも注意が必要です。 シンプルなアクセサリーですとファッションの単調さが増してしまいます。 お葬式の時、女性に一連のパールネックレスが許されている理由を考えると納得いただけると思います。 二連~それ以上のパールネックレスはお葬式では「重なる」という意味の他、 見た目も派手になるため好まれていません。

このようにモノトーンに合わせるアクセサリーは、 ボリュームや色に気をつけることで雰囲気を華やげたり、 洗練されたイメージにしてくれます。

どのようなイメージにしたいのかを最初に決め、 小物を上手に組み合わせて貴方に似合ったファッションに仕上げることが大切です。

メンズ服で見た目の印象を変える方法 メニュー

このページの先頭へ

メンズ服通販サイト今月の第1位は?