レイヤード(重ね着)のコツ

レイヤード(重ね着)ファッションは、組み合わせがポイント!

レイヤード(重ね着)は、1960年代から続くファッションの定番の一つです。 長袖インナーに半袖Tシャツを重ねたり、ちらっとインナーを袖口や襟元から覗かせるファッションです。 最近はフェイクレイヤードという、見た目はレイヤードに見えるのに実際は一着といったファッションも 賛否両論はありますが定着し、レイヤードファッションは進化を続けています。

レイヤードはインナーとアウターの明暗・コントラストが魅力のファッション。 色の組み合わせを間違えると大惨事になってしまいます。 以下、失敗しにくいと思われる組み合わせをご紹介いたします。 普段のコーディネートのご参考になれば幸いです。

【基本は重ねる方を濃い色に】
子供であればインナーに濃い色を、アウターに淡色を合わせても似合いますが、大人になるとかなり難易度の高い組み合わせとなります。 こうすることで、シルエットがタイトに見えるという利点もあります。 黒をアウターに選ぶ場合は、インナーが明るい色であればどんな色でも合います。 インナーにライムグリーン、ブルーを選べば爽やかな印象に、白やモスグリーンの場合は知的な印象になります。 ピンクも遊び心があっていいのですが、濃いピンクの場合はちらっと見える程度に押さえておかないと、下品に見えることもあります。

【まずはダークトーン、寒色から】
モスグリーンやネイビーといったダークトーン、ブルーやパープルといった寒色のインナーには、同じ寒色の無地か柄物を合わせるといいと思います。 慣れたら暖色(赤、オレンジ等)の組み合わせもお試し下さい。


レイヤード(重ね着)ファッションは、コーディネートとも言われますが、これが結構難しいと思っていませんか? そんなアナタはぜひとも以下をご覧ください!

メンズ服で見た目の印象を変える方法 メニュー

このページの先頭へ